熊本グルメ ランチ マクロビ 新鮮野菜 安心安全 無添加無農薬 カフェ スィーツ なんてキーワードに飛びつく 熊本とにゃんことおいしいものが大好きな「ゆっき〜」がおくる珍道中!(^ヮ^)/
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
  • ザ・三軒町パーティーさん スィーツ好きも唸る 必ずリピートしたくなるふわふわパンケーキ
    Sippo☆ (12/29)
  • ザ・三軒町パーティーさん スィーツ好きも唸る 必ずリピートしたくなるふわふわパンケーキ
    Sippo☆ (12/14)
  • 割烹 笑楽さん 月出 味に定評あり!丁寧に作られた味わい深い料理が詰まったランチ
    bey230shin (11/25)
  • デザートまで美味しい 人気のイタリアンボッチョーロさん
    Sippo☆ (11/20)
  • 割烹 笑楽さん 月出 味に定評あり!丁寧に作られた味わい深い料理が詰まったランチ
    bey230shin (11/18)
  • 割烹 笑楽さん 月出 味に定評あり!丁寧に作られた味わい深い料理が詰まったランチ
    Sippo☆ (10/29)
  • 無添加・無化調 食材にもこだわりのあるラーメン屋さん らぁめん一白さん
    Sippo☆ (10/19)
  • たておか豆腐店さん 阿蘇神社界隈 豆腐屋さんが営む本格豆腐料理
    Sippo☆ (10/08)
  • 美寿寿さん このボリュームで驚きのコスパ! アットホームな雰囲気もいいね!
    Sippo☆ (09/08)
  • くすの木の下の小さなカフェ カトルカールさん 手作りの味わいが嬉しい美味しいほっこりランチ
    Sippo☆ (07/09)
Search
Link

MSN
yahoo
GOOGLE
Favorite
Apple iPod shuffle 1GB M9725J/A
Mobile
qrcode
<< 湯布院をさるく2 main だいこんやさん 高森にある田舎ご飯 >>
Aちゃんの旅立ち
JUGEMテーマ:日記・一般
食う熊をご覧の皆様

是非下記「人気blogランキングへ」の部分を

ワンクリックお願い致しますm(..)m

皆様のワンクリックが

ランクアップにつながり

継続の力になります!

是非宜しくお願いしま〜す(^。-)/
人気ブログランキングへ 


(今回記事は少しだけ

重い内容になってますので

ご了承のうえお読みください

(苦手な方はスルーしてくださって結構です))


もういとこのAちゃんとは

何年も会ってないかなー

大人になってからは

何度か会ったことがあるのだけど

数える程度

僕の記憶の中のAちゃんは

高校生の健康的で

とっても明るく元気よく笑う

そんな印象が残っている・・・


そんなAちゃんが

先日亡くなくりました・・・

まだ30代前半という若さでの死でした

病名はガン

告知されてから4ヶ月という

本当に早すぎる死でした


お姉さんと少し話したのですが

「壮絶でした・・・私は絶対治ると思ってたのに」

と言われてました

お父さん(僕にとってはおじさん)

も娘さんの死にヒドく落胆していました・・・

おじさんもお姉さんにとっても

若いA子ちゃんの死は

とてもショックな出来事だったでしょう


そんなA子ちゃん

亡くなる前に

彼氏さんと挙式をあげてました

車イスでしたが

とても幸せそうでした

その笑顔を見ていると

涙があふれだしてきました・・・

A子ちゃん その人と

ずっと暮らしたかっただろうね・・・

でもその顔は幸せそうだったから

A子ちゃんも本当によかったと思います

参列されていて涙ぐまれていた

彼氏さんの姿を見ながら

そんなことを考えました・・・


お坊さんのお話の中で

「皆さんも残された人生

一生懸命に生きてください

そのことで

きっとA子ちゃんも喜ばれると思います」

ということを言われました


死生観ということをよく言われるけど

僕は今一生懸命生きているだろうか?

自分の人生に後悔のないように


人は誰にも

愛する人や守るべき人が

いるのではないでしょうか

恋人 親兄弟 

職場の同僚 親友 etc・・・

そんな自分の大切な人と

自分の人生に後悔のないよう

これからも過ごしていきたいと思います


今回の件は

記事にしようかどうか迷ったのですが

A子ちゃんの死から感じた僕の思いと

お坊さんの話と

そしてA子ちゃんに

安らかに休んでいただきたいという思いがあり

今回記事に記させていただきました


皆さんもこの記事から

何か感じるものがあれば

幸いです


A子ちゃん これまで本当にありがとね

安らかにお休みください



本日もクリック

宜しくお願いしま〜す(^。-)/
人気ブログランキングへ

2010.09.06 Monday 04:07
ひとり言 comments(7)
comment
ご無沙汰してます
A子さんのご冥福をお祈りします
もっともっとやりたい事も沢山あったでしょうに
残されたご家族や彼氏さんの心を思うと本当に苦しいです
人は必ずいつかは死を迎えるとわかっていても
こんなにお若いのに
健康で生きられることは それだけで幸せなんですよね
自分は一生懸命生きているだろうか?
不平不満ばかり言ってないかな?
自分は何の為に生きているのか?
頭の中にいっぱい疑問が溢れました
生きたいのに生きられない方が 世の中にはたくさんいます
その分私たちが しっかり生きなくてはいけませんね
私も当時結婚を前提に付き合っていた彼氏を23の時に亡くしました
そんな生きたかった人たちの分も頑張らなきゃと思いました
長くなってすみません
ゆっきーさんもA子さんの分も頑張って欲しいです
みか 2010/09/08 8:05 AM
おひさしぶりです。

コメントをしたいのですが、なかなか言葉がでてきません。
一生懸命生きたA子さん。
今は痛みもない、世界にいらっしゃるのですね。

彼氏さんとの楽しい思い出を胸に・・・。

次に生まれてくるときは、愛する人と添い遂げられますように

ゆっきーさん、そしてご家族のみなさまの心痛をお察しいたします

A子さん、今はゆっくりとおやすみください。
くろさん 2010/09/07 8:40 AM
ゆっき〜さん、こんばんは!ごりですm(__)m

はやすぎるお別れ、
ゆっき〜さんもお力落としのこととお察しいたします。

人は早かれ遅かれ必ず死を迎えます。
亡くなるときは魂だけ、他には何も持っては行きません。
だからこそ、自分の魂の喜ぶ生き方をしないとですね。
死について改めて思うのは、悲しいかな人の死に直面した時。
一生は一度だから、悔いのない生き方をしないといけませんね。
生きているということは、生かされていること。
当たり前ではないんですよね。
A子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ごり 2010/09/06 10:57 PM
ゆっき〜さんの気持ちきっと伝わりましたよ!
いろいろ書こうかと思いましたが・・・

A子ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
ねーやん 2010/09/06 9:07 PM
若くして現世を旅立たなければいけない事は
本人も非常に辛い事であり、残された家族のご心中を思うと
居た堪れない気持ちに駆られます。
私も若くして癌で他界した娘の幼稚園の担任だった先生を
思い出しました(当時27歳)
その先生はまだ独身で、お相手はいらっしゃいませんでしたが、
着物のモデルとして舞台で活躍されるなど、とっても清楚ま
感じの先生でしたが、あの時もお棺に納められた先生の
お顔を拝見した時に、ぞっとするくらいキレイな笑顔を湛えて
いました。悔いは十分残されてしまったはずなのに、その
顔には苦悩の色ひとつ感じられませんでした。。
あれから、10年。。存命なら、37歳。
結婚されてお子さんもいらっしゃったことでしょうに。・
人並みな女性の幸せを味わう直前の絶命。。
本当に、悲しいお別れでした。

A子さん、結婚式だけでも挙げられて、最後に願いが叶って
本当に良かったです。
今度生まれ変わった時は、きっと長命でありますように。。
ご冥福をお祈りすると同時に、ご家族様もこの先どうか
元気に過ごされますよう、心より願っております。


それでは、ゆっき〜さんにも応援凸

ぴーち 2010/09/06 8:56 PM
こんばんは。
A子さん、きっと幸せな人生だったと思います。
最後まで、一生懸命生き抜いたのですね。
・・・そうですか、挙式を挙げられて。
短い夫婦生活 でも、最高に幸せなひとときだったことと思います。
当たり前のように朝が来て、夜が来て、、
なかなか意識しないと、生きているありがたみって実感できないものですよね。
せめて一日一日を、精一杯頑張ろう。
後悔しないように・・・
ゆっき〜さんも、A子さんの分まで充実した人生を歩まれてください。。
A子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
Sippo☆ 2010/09/06 7:48 PM
こんにちは!
人生の生き死を真剣に考えなければならない状況に
陥った事が例えなかったとしても
みんな生きている事をとても「感謝」してすごさなくてはいけないと思う。
毎日の平凡な繰り返しである日々を大切に過ごさなくってはね!
なにが自分の身に起こるか分からない物・・
とはいえ差し迫って余命を区切られない限り
死についてなんて考えないよね
特に若ければ、若いほど「死」などとは無縁な気さえして
空気のごとく、生きている事が当たり前のようにみえ・・
考えない事かも知れないけれどね。

時には明るい朝日を見て、或いは暗い中に輝く星や月を
きれいだと感じる事が何回繰り返す事が出来るのか、
自分が生まれて来た意義を
問い今日生きてる事に感謝しないとと思う!

壮絶な死と向かい合った
若くして天に召されたA子さんに対し、
心からご冥福をお祈り申し上げます。
kensuke^^k 2010/09/06 2:54 PM